MENU

目のピントが合わない場合の病気の可能性

目のピントが合わない場合に可能性がある病気には、緑内障、眼精疲労、レーシック後遺症、老眼、近視、乱視などがあります。

緑内障ってどんなの?

緑内障ってどんなの?

緑内障は、眼圧が上昇して視神経に障害が出る病気です。

 

視神経に異常が出ると、目で見た情報が脳にうまく伝わらなくなり、画像認識ができなくなります。すると視界がぼやけたり、欠けてしまいます。

 

両側は日本人の失明原因の1位の病気で、40歳以上で20人に1人の割合で患者がいると言われています。症状が出ても本人が気付いていないことも多く、潜在患者数を含めるともっと数が多くなりそうです。

 

症状の進行はゆっくりで、少しずつ見える範囲が狭くなっていきます。片方の目だけに起こるともう片方の目でカバーできてしまうので、そのために発見が遅れることも少なくありません。中高年以上に多い病気なので、ある程度の年齢になったら眼科を定期受診するようにしましょう。

 

眼精疲労ってどんなの?

眼精疲労ってどんなの?

眼精疲労は、軽視されがちですが放っておくとピントが合わなくなるだけではなく、めまい、肩こり、倦怠感、頭痛、吐き気、などの身体症状を伴う危険性があります。

 

眼精疲労は老眼、近視、乱視などの矯正不良にも関与していることが多いです。

 

近視、乱視、老眼が進むと、眼球内部でなんとか網膜にピントを合わせようとして、水晶体の厚さをコントロールする筋肉(毛様体)が緊張します。すると常に毛様体が緊張した状態になり、眼精疲労を感じるようになります。

 

さらに視力が低下すると、前のめりになったり、目を凝らしたり、という動作が出てくるので、肩こりや頭痛が起こるようになります。

 

老眼は40代半ば〜60歳が悪化のピークと言われています。

 

眼精疲労の原因はほかにも、パソコンや携帯電話、ゲームの使いすぎが関係することもあります。現代人はモニターに向かっている時間が長いので、昔よりも眼精疲労を訴える人が増えています。

 

レーシック手術の後遺症ってどんなの?

レーシック手術の後遺症ってどんなの?

レーシック手術の後遺症によってピントが合わなくなることもあります。

 

レーシック手術は基本的にレーザーを用いますが、レーザーの効果が強く出すぎてしまうと、近視だった人が乱視になる(過矯正)ことがあります。

 

近視や乱視は若い人でも生活習慣や遺伝によって起こりますし、老眼は多かれ少なかれ誰にでも生じる現象です。

 

目のピントが合わないと、それがストレスになって頭痛がしたり、倦怠感が続くこともあります。ピントが合わないというときには、できるだけ早く眼科でみてもらうことが望ましいです。

目のピントが合わない人はファンケルのえんきんを試してみる方法も

目のピントが合わないという人は現代社会では多くいます。

 

1日の中でもピントが合わなくなる時があったり、日によって合わないようになる場合もあります。

 

目のピントが合わないような状態でいると、とても嫌な気持ちになります。ものが見えにくいようになったり、かすんで見えたり、見ているものがずれて見えたりなどとしてきます。

 

目のピントが合わない

そのようになる人はパソコンやスマートホンを使い続けたり、細かい仕事をしている人に多いです。同じ姿勢などで何かを見続けていてその距離にピントを合わせていた状態から違うものを見たときに、その見るものの対象の距離が変わったときなどに目のピントが合わないようになります。

 

パソコンやスマートホンのディスプレイを見続けていると瞬きの回数が減って涙で目を潤すことが少なくなり乾いてきます。

 

また、エアコンの使用で室内が乾燥していることもドライアイになったりします。そうすると目がしばしばしたり、かすんで見えたりするのです。
そのような状態になるのは年齢を重ねていくにつれ頻繁に起きてくるようになります。手元の小さな字が読みにくく感じてきたり、目を使いすぎた時などには目がぼんやりとしてくることがあります。

 

そして、段々とよく見えるピントが手元から遠くなってきます。その状態が続いている生活は目だけではなく、肩こりや頭痛、不眠などという症状まで引き起こしてしまいかねません。

 

その時にはファンケルの目のサプリメントのえんきんがおすすめです。

 

ファンケルの目のサプリメントのえんきんは2015年に消費者庁より認められた機能性表示食品になります。

 

ファンケルのサプリメントのえんきんに含まれている成分は、ほうれん草に多く含まれているルテイン、サケやイクラに多く含まれるアスタキサンチン、ブルーベリーや黒大豆種皮に多く含まれるシアニジン?3?グルコシド、魚に多く含まれるDHAにより手元のピント調節機能を助けたり、目を使うことにより肩や首筋への負担を和らげてくれます。

 

えんきんの成分

 

特に50歳代前後の中高年の人にとって、普段の生活の中で目の疲れを感じる人にはおすすめのサプリメントになります。

 

特に近くのものを見るときにピントを合わせる調整力が少し弱くなってきている場合にはファンケルの目のサプリメントのえんきんはおすすめです。

 

えんきんはピント調整力が期待できる商品であることから機能性表示食品として販売ができるのです。安全性はもちろん、有効性のあるファンケルのえんきんです。

 

今ならえんきんのお試し商品が販売されています。

 

えんきん購入

 

ファンケルの目のサプリメントのえんきんのお試し商品に関してはこちら

 

http://www.fancl.co.jp/